• 自分の肉体は一つしかない。

     日本では、とかく、性欲とか性器とか性病のことはタブーとされています。テレビで放送している医療番組も、心臓の病気とか血液の病気とか脳卒中とかは頻繁に取り上げるし、かなり珍しい性病以外の病気に関しても取り上げるくせに、こと性病になると、まったく放送しない。

     まあ、民放はスポンサーの意向があるので、中々、性病の特集は出来ないだろう。でも、NHKでも全くといっていい程、性病の特集はしない。

     そのように、日本では、公には、性欲に関連する部分に関しては、取り上げないらしい。

     でも、なんだかんだ言っても、性器があるということはありがたいのだ。当たり前に性器は股間に付いていますが、もしもこれが飛び降り自殺未遂とか飛び込み自殺未遂とかで失ったら、もう、それは、この世が地獄と化していなくても、自分の気持ちは地獄と化してしまうでしょう。

     なので、生殖器があるというのは、とっても重要なのです。だから、大事にしましょう。

    本当はギャルとセックスしたいのですが、相手がいないので、仕方がなく、オナニーをします。毎日しています。毎日射精できるということは、これは幸せなことです。股間を損傷して生殖器が欠けたり喪失していたら、もう、気持ち良い思いが出来ずに、一生、悶々として過ごさねばならなくなる。

    日本の法律では生殖器を無修正で見せることは不可能なので、白く修正します。

    オナニーは気持ちいいよ。射精できる幸せ。

    まあ、いつもはタオルでしごいているのですが、今は分かりやすくする為に、手でオナニーをしています。

    やっぱり右手ですね。

    包茎手術済みなので、包茎の人よりも、刺激には強いかもしれない。まあ、なので、包皮はもう全然余っていない。横浜のエストクリニックの小平先生に包茎手術をしてもらったからな。小平先生は包茎手術の技術に関しては、あのブラックジャックを上回るだろう。まあ、5000万円も支払ってブラックジャックに包茎手術を依頼する男はいないだろうが。

    一応、勃起しています。写真では大きなペニスに見えますが、実際の長さは、勃起時で11センチ程度です。太さも、そんなにありません。

    射精する時にティッシュを尿道に重ねています。一応、いつも6枚か7枚重ねて使用しています。

    追加で精子が出ることがあるので、しっかりと最後まで精子を出して拭き取る。

    で、射精完了です。でも、また四時間位すれば、また射精できるようになります。まあ、四時間待たずに30分後であっても射精は出来ますが。でも、ある程度の性欲が回復するまでは、やはり時間がかかります。

    本当は若いギャルの中に精子を出したいのですが、相手がいないので、しょうがなくティッシュの中に出しました。でもね、これも、飛び降り自殺未遂とか飛び込み自殺未遂で股間を損傷してしまえば、もう二度と、子種を作ることも、子種を放出することも不可能となります。なので、股間は大事にしましょう!

    とにかく、飛び降り自殺とか飛び込み自殺とかしないように。即死するとは限らないので。丁度、股間を強打して、もう二度と使いものにならない生殖器になってしまうかもしれない。性器は大事にしましょう。

    子種を包み込んだティッシュ。(*´Д`)、この子種で子供を作りたいのですが・・・。ティッシュに射精しても子供は出来ないよ~!

    という訳で、性器は大切なので、大事にしましょう!飛び降り自殺未遂とか飛び込み自殺未遂で性器を失った後に、性器を欲しても、もう二度と復活はしません。人工的に、単なる見せかけだけのペニスを装着することは可能かもしれないけど、生身のペニスには到底、機能面では敵いません。

     とにかく、男性にしろ、女性にしろ、性器は子供を作る元なので、大事にするように。また、もう子供を作る年齢ではない人であっても、また子供を作る予定の全くない若い年齢の人であっても、やはり生殖器は大事なので、大切にしてあげてください。